動画で見るリハビリの様子

動画で見るリハビリの様子

有料老人ホーム「ネクサスコート豊平」では「専任の理学療法士」によるサポート体制を実現しています。

有料老人ホーム「ネクサスコート豊平」では、専任の理学療法士が常勤し、リハビリの必要な方には個別のリハビリテーションを行っています。
お一人おひとりに合わせたプログラムを作成し、身体能力の維持・回復をサポートいたします。

理学療法士とは
理学療法士は、PT(Physical Therapist)とも呼ばれます。
医師の指示を受け、運動療法や物理療法(温熱、電気等の物理的手段を治療目的に利用するもの)などを用いて、自立した日常生活が送れるよう支援する医学的リハビリテーションの専門職です。
有料老人ホーム「ネクサスコート」では、専任の理学療法士が治療や支援の内容について、ご入居者様お一人おひとりについて、医学的・社会的視点から身体能力や生活環境等を十分に評価し、それぞれの目標に向けて適切なプラグラムを作成し、実施いたします。

理学療法士の紹介

●理学療法士の仕事を始めたきっかけは何ですか?
手・足の関節が硬くなっている患者様に、無理なく服を着させてあげたいと思ったのがきっかけです。運動を通し患者様と関わる仕事を知った時に、この仕事なら患者様にとって苦痛が少しでもとれる生活の支えになれるのではないかと思いました。

●ご入居者様にリハビリをする上で一番大事にしていることは何ですか?
「1介入、1笑い」です。笑みがこぼれて表情が穏やかになられた時は心も体も緊張がとれ、それが治療効果にもつながるのではないかと考えているからです。生活動作の改善はもとより、関われる大切な時間を明るく笑顔に変えられるようにしたいです。

ネクサスコート豊平・理学療法士 輪木
ネクサスコート豊平
理学療法士 輪木

リハビリの様子

有料老人ホーム「ネクサスコート豊平」の専任の理学療法士(PT)によるリハビリテーションの様子を動画でご紹介します。

・棒体操
・ボール挟み運動
・ブリッジ運動


棒体操
様々な動作で円滑な動きができるよう、上肢・体幹の柔軟性向上を目的に行います。息を止めずに吐きながらゆっくり行っていただきます。体幹に関しては、腕だけの運動にならないよう体をひねる事を意識して行ってもらいます。

ボール挟み運動
立ち上がりや歩行において安定した動作ができるよう、太ももの筋力増強を目的に行います。膝が弱い方には、痛さが出ないように行う必要がありますのでボールを利用します。呼吸、姿勢に気をつけて行っていただきます。

ブリッジ運動
座位・立位時の姿勢保持、立ち上がりや歩行での安定した動作ができるように、背筋・大臀筋の筋力増強を目的に行います。勢いをつけず、ゆっくり上げて下すことに気を付けて行っていただきます。