動画で見るリハビリの様子

動画で見るリハビリの様子

介護付有料老人ホーム「ネクサスコート湘南鷹取」では「専任の理学療法士」によるサポート体制を実現しています。

介護付有料老人ホーム「ネクサスコート湘南鷹取」では、専任の理学療法士が常勤し、リハビリの必要な方には個別のリハビリテーションを行っています。
お一人おひとりに合わせたプログラムを作成し、身体能力の維持・回復をサポートいたします。

理学療法士とは
理学療法士は、PT(Physical Therapist)とも呼ばれます。
医師の指示を受け、運動療法や物理療法(温熱、電気等の物理的手段を治療目的に利用するもの)などを用いて、自立した日常生活が送れるよう支援する医学的リハビリテーションの専門職です。
有料老人ホーム「ネクサスコート」では、専任の理学療法士が治療や支援の内容について、ご入居者様お一人おひとりについて、医学的・社会的視点から身体能力や生活環境等を十分に評価し、それぞれの目標に向けて適切なプラグラムを作成し、実施いたします。

理学療法士の紹介

●理学療法士の仕事を始めたきっかけは何ですか?
私が理学療法士になろうと思ったきっかけは、中学生の頃、職場見学で病院へ行く機会があり、そこで理学療法士という職業と出会いました。自分の考えたプログラムで治療し、回復に導くことができるというところに魅力を感じ、理学療法士になりました。

●ご入居者様にリハビリをする上で一番大事にしていることは何ですか?
身体が思うように動かせないことで不安やつらい思いをしている方に対して、安心してリハビリを行えるよう日々コミュニケーションをとるなど、関係づくりを大切にしています。また、日々の生活が少しでも楽に感じてもらえるよう、リハビリを通してご入居者様のお力添えになれたらと思っております。

ネクサスコート湘南鷹取・理学療法士 高橋 功
ネクサスコート湘南鷹取
理学療法士 高橋 功

リハビリの様子

介護付有料老人ホーム「ネクサスコート湘南鷹取」の専任の理学療法士(PT)によるリハビリテーションの様子を動画でご紹介します。

ブリッジ運動(お尻あげ運動)
両膝を立て、お尻を上げ下げすることで背筋・大殿筋(だいでんきん)を鍛えます。歩行時の安定性につながります。

四つ這い姿勢の体幹筋トレーニング
四つ這い姿勢から対角線上に手足を上げ、バランスをとることで腰背部(ようはいぶ)筋力トレーニングになります。体幹の安定性につながります。

片足立ちトレーニング
大腿四頭筋(だいたいしとうきん)・中殿筋(ちゅうでんきん)の筋力トレーニング及び立位バランスのトレーニングです。立位・歩行姿勢の安定につながります。

バランストレーニング
十字に置いた棒を前方・側方・後方と順番に跨いでいきます。動的バランスの向上につながります。

応用歩行トレーニング1(横歩き)
横歩きでの中臀筋の筋力トレーニングです。立位・歩行の安定性向上につながります。

応用歩行トレーニング2(棒またぎ)
歩行の中に棒を跨ぐ動作を入れることで、足を上げることが意識づけされます。動的バランスの改善につながります。