動画で見るリハビリの様子

動画で見るリハビリの様子

介護付有料老人ホーム「ネクサスコート白石南郷」では「専任の理学療法士」によるサポート体制を実現しています。

介護付有料老人ホーム「ネクサスコート白石南郷」では、専任の理学療法士が常勤し、リハビリの必要な方には個別のリハビリテーションを行っています。
お一人おひとりに合わせたプログラムを作成し、身体能力の維持・回復をサポートいたします。

理学療法士とは
理学療法士は、PT(Physical Therapist)とも呼ばれます。
医師の指示を受け、運動療法や物理療法(温熱、電気等の物理的手段を治療目的に利用するもの)などを用いて、自立した日常生活が送れるよう支援する医学的リハビリテーションの専門職です。
有料老人ホーム「ネクサスコート」では、専任の理学療法士が治療や支援の内容について、ご入居者様お一人おひとりについて、医学的・社会的視点から身体能力や生活環境等を十分に評価し、それぞれの目標に向けて適切なプラグラムを作成し、実施いたします。

理学療法士の紹介

●理学療法士の仕事を始めたきっかけは何ですか?
高校の職業研修でリハビリの職業を知りました。病院での訓練を見学したことをきっかけに、それまで想像していた薬などの治療以外にも患者様が回復できる治療法があることに魅力を感じました。その後、理学療法士という職業に惹かれて理学療法士になろうと思いました。

●ご入居者様にリハビリをする上で一番大事にしていることは何ですか?
ご入居者様の生活やお気持ちを理解できるよう努めることを最も大事に考えています。 ご入居者様の生活で、もっとできるようになりたい事、今できることを維持したいなど、ご一緒に目標を立てながら訓練を行いたいと思っています。

ネクサスコート白石南郷・理学療法士 久保坂 亜希子
ネクサスコート白石南郷
理学療法士 久保坂 亜希子

リハビリの様子

介護付有料老人ホーム「ネクサスコート白石南郷」の専任の理学療法士(PT)によるリハビリテーションの様子を動画でご紹介します。

大殿筋(だいでんきん)の筋力訓練
姿勢や歩行の安定性を向上させる訓練です。横になった状態で膝を曲げ足首を固定してお尻を上げて行います。

立ち上がり訓練
体幹の前傾を促しながら、円滑な立ち上がり動作が行えるようにするトレーニングです。

歩行器歩行訓練
足腰が弱くなられた方に対し、安全に歩行ができるように歩行補助車の使用方法を確認しながら行うトレーニングです。

腹筋・腸腰筋(ちょうようきん)訓練
背臥位(はいがい)にて両膝を曲げ、頭を上げてもらうように促します。座位や立位の姿勢保持に必要な腹筋を鍛えます。

車いすへの移乗動作訓練
プラットホームから車いすへの移乗を円滑に行うための訓練です。手をつく位置を確認し、体幹を前方に倒しながら離殿(りでん)ができるように誘導します。

平行棒内歩行訓練
歩行不安定な方が、平行棒を把持することで歩行の安定性が向上します。体の姿勢を正しながら歩く練習を行います。