動画で見るリハビリの様子

動画で見るリハビリの様子

介護付有料老人ホーム「ネクサスコート真駒内」では「専任の理学療法士」によるサポート体制を実現しています。

介護付有料老人ホーム「ネクサスコート真駒内」では、専任の理学療法士が常勤し、リハビリの必要な方には個別のリハビリテーションを行っています。
お一人おひとりに合わせたプログラムを作成し、身体能力の維持・回復をサポートいたします。

理学療法士とは
理学療法士は、PT(Physical Therapist)とも呼ばれます。
医師の指示を受け、運動療法や物理療法(温熱、電気等の物理的手段を治療目的に利用するもの)などを用いて、自立した日常生活が送れるよう支援する医学的リハビリテーションの専門職です。
有料老人ホーム「ネクサスコート」では、専任の理学療法士が治療や支援の内容について、ご入居者様お一人おひとりについて、医学的・社会的視点から身体能力や生活環境等を十分に評価し、それぞれの目標に向けて適切なプラグラムを作成し、実施いたします。

理学療法士の紹介

●理学療法士の仕事を始めたきっかけは何ですか?
家族が病気で不自由な身体となり、リハビリの方にお世話になった事がきっかけとなりました。
リハビリをすることで不自由な身体の回復を図り、元の生活を送ることができるようにお手伝いがしたいと思い、理学療法士になりました。

●ご入居者様にリハビリをする上で一番大事にしていることは何ですか?
ご入居者様とご家族様とのコミュニケーションを大切にし、信頼関係を築き、安心感をもっていただけるように取り組んでいます。
また、身体機能の維持・向上を図り、より良い生活を送ることができるように心掛けています。

ネクサスコート真駒内・理学療法士 柴田 直美
ネクサスコート真駒内
理学療法士 柴田 直美

リハビリの様子

介護付有料老人ホーム「ネクサスコート真駒内」の専任の理学療法士(PT)によるリハビリテーションの様子を動画でご紹介します。

徒手(としゅ)による関節運動
麻痺があり、ご自分で動かすことが難しいため、他動的に関節を動かすことで関節拘縮(かんせつこうしゅく)を防ぎます。

立ち上がり練習
麻痺側の足に荷重をかけて、お辞儀をして立つと立ち上がりやすくなります。立ち上がる動作は大腿四頭筋(だいたいしとうきん)や大殿筋(だいでんきん)、ハムストリングスなどの下肢(かし)全体の筋肉を鍛えることもできます。

歩行練習
左右の荷重移動を誘導することで、麻痺側下肢が振り出しやすくなります。

タオルギャザー(タオルのたぐり寄せ)
足趾(そくし)の屈筋(くっきん)強化の運動で大腿四頭筋(だいたいしとうきん)、ハムストリングス、下腿三頭筋(かたいんさんとうきん)に連鎖収縮が生じ、転倒防止に役立ちます。

大腿四頭筋(だいたいしとうきん)のトレーニング
セラバンド(ゴム)を使用し、負荷をかけて大腿四頭筋(だいたいしとうきん)を鍛える運動です。大腿四頭筋(だいたいしとうきん)は、立位姿勢・歩行の安定のために重要で、転倒防止に役立ちます。

ボール投げ
ボールに集中して取り組むため、注意力アップと動的な姿勢反応により、立位バランス向上、転倒防止に役立ちます。