動画で見るリハビリの様子

動画で見るリハビリの様子

介護付有料老人ホーム「ネクサスコート本郷」では「専任の理学療法士」によるサポート体制を実現しています。

介護付有料老人ホーム「ネクサスコート本郷」では、専任の理学療法士が常勤し、リハビリの必要な方には個別のリハビリテーションを行っています。
お一人おひとりに合わせたプログラムを作成し、身体能力の維持・回復をサポートいたします。
理学療法士とは
理学療法士は、PT(Physical Therapist)とも呼ばれます。
医師の指示を受け、運動療法や物理療法(温熱、電気等の物理的手段を治療目的に利用するもの)などを用いて、自立した日常生活が送れるよう支援する医学的リハビリテーションの専門職です。
有料老人ホーム「ネクサスコート」では、専任の理学療法士が治療や支援の内容について、ご入居者様お一人おひとりについて、医学的・社会的視点から身体能力や生活環境等を十分に評価し、それぞれの目標に向けて適切なプラグラムを作成し、実施いたします。

理学療法士の紹介

●理学療法士の仕事を始めたきっかけは何ですか?
学生時代、骨折などのけがや病気で入院する事があり、医療に興味を持ちました。そのなかで自分自身リハビリを受け、また他の方がリハビリを受けているのを見て理学療法士という職業を知り、自分も理学療法士という立場で同じように機能回復を目指している人のサポートをしたいと思ったのがきっかけです。
●ご入居者様にリハビリをする上で一番大事にしていることは何ですか?
まずはしっかりとコミュニケーションを取ることを大切にしています。そして、ご入居者様お一人おひとりにあった運動内容や負荷量を考え、またその日の体調に合わせてリハビリを行うように心掛けています。ご入居者様が笑顔で楽しく生活していただけるよう、関わっていきたいと考えています。

ネクサスコート本郷・理学療法士 田嶋 達也
ネクサスコート本郷
理学療法士 田嶋 達也

スタッフの声

ネクサスコート本郷
施設長 森江 房枝

自立度の高い方だけではなく、要介護の方まで参加できる集団リハビリやレクリーションを多彩に用意している介護付有料老人ホーム「ネクサスコート本郷」。
音楽療法やカラオケ体操、セラバンド体操など、ご入居者様が気軽に参加していただけるとのこと。
「理学療法士による専門的なリハビリはもちろん、ご入居者様に楽しく手足を動かしていただけるようプログラムを工夫しています」と森江施設長は笑顔で話してくれました。


リハビリの様子

介護付有料老人ホーム「ネクサスコート本郷」の専任の理学療法士(PT)によるリハビリテーションの様子を動画でご紹介します。

座位での腸腰筋(ちょうようきん)の筋力トレーニング
座位での大腿四頭筋(だいたいしとうきん)の筋力トレーニング
独歩での歩行トレーニング

座位での腸腰筋(ちょうようきん)の筋力トレーニング
右大腿骨頚部(みぎだいたいこつけいぶ)の手術をし、下肢(かし)の筋力低下がある方です。足首に重錘バンドを巻いて負荷をかけ、歩行に必要な腸腰筋(ちょうようきん)を鍛えます。この時、体幹が後ろへ倒れるなどの代償動作が起きないようにすると、より効果的に行えます。

座位での大腿四頭筋(だいたいしとうきん)の筋力トレーニング
右大腿骨頚部(みぎだいたいこつけいぶ)の手術をし、下肢(かし)の筋力低下がある方です。足首に重錘バンドを巻いて負荷をかけ、歩行に必要な大腿四頭筋(だいたいしとうきん)を鍛えます。この時も、体幹が後ろへ倒れるなどの代償動作が起きないようにすると、より効果的に行えます。

独歩での歩行トレーニング
普段はシルバーカーを使用して歩行されている方ですが、リハビリでは独歩で練習しています。長距離となると骨折部周囲に痛みの訴えや息切れがあるため、痛みや呼吸状態などに注意しながら行います。

リハビリの様子

座位での中殿筋(ちゅうでんきん)の
筋力トレーニング
立位での大殿筋(だいでんきん)の
筋力トレーニング
荷重・バランストレーニング
シルバーカーでの歩行訓練

座位での中殿筋(ちゅうでんきん)の筋力トレーニング
左大腿骨転子部(ひだりだいたいこつてんしぶ)の手術をし、股関節周囲筋の筋力低下がある方です。立位バランスや歩行に必要な中殿筋(ちゅうでんきん)を徒手(としゅ)抵抗により鍛えます。痛みなど出ない程度に負荷を調節して行います。

立位での大殿筋(だいでんきん)の筋力トレーニング
左大腿骨転子部(ひだりだいたいこつてんしぶ)の手術をし、股関節周囲筋の筋力低下がある方です。立位バランスや歩行に必要な大殿筋(だいでんきん)を立位で鍛えます。体幹を前方へ倒すなどの代償動作が起きないようにすると、より効果的に行えます。

荷重・バランストレーニング
左大腿骨転子部(ひだりだいたいこつてんしぶ)骨折により患側へ荷重することに対して恐怖心がある方です。平行棒内で患側へ荷重をかけるトレーニング、片足立ちでバランス機能を高めるトレーニングです。平行棒内で行う事により恐怖心を取り除き、荷重をかけることが出来ます。しっかり重心移動するように声掛けなどで誘導します。

シルバーカーでの歩行訓練
シルバーカーを使用しての歩行トレーニングです。左大腿骨転子部(ひだりだいたいこつてんしぶ)骨折により患側へ荷重することに対して恐怖心があり、上肢(じょうし)に力が入ってしまうため、力が入り過ぎず、重心が前方へかかり過ぎないように声掛けをしながら行います。