動画で見るリハビリの様子

動画で見るリハビリの様子

有料老人ホーム「ネクサスコート北大前」では「専任の理学療法士」によるサポート体制を実現しています。

有料老人ホーム「ネクサスコート北大前」では、専任の理学療法士が常勤し、リハビリの必要な方には個別のリハビリテーションを行っています。
お一人おひとりに合わせたプログラムを作成し、身体能力の維持・回復をサポートいたします。

理学療法士とは
理学療法士は、PT(Physical Therapist)とも呼ばれます。
医師の指示を受け、運動療法や物理療法(温熱、電気等の物理的手段を治療目的に利用するもの)などを用いて、自立した日常生活が送れるよう支援する医学的リハビリテーションの専門職です。
有料老人ホーム「ネクサスコート」では、専任の理学療法士が治療や支援の内容について、ご入居者様お一人おひとりについて、医学的・社会的視点から身体能力や生活環境等を十分に評価し、それぞれの目標に向けて適切なプラグラムを作成し、実施いたします。

理学療法士の紹介

●理学療法士の仕事を始めたきっかけは何ですか?
私が理学療法士になろうと考えたきっかけは、元々小中高とずっと野球部に所属しており、怪我をした際に病院で見かけた理学療法士の方が親身になって患者さんとリハビリをしていた姿が印象的で、自分も人のために一生懸命になれるような仕事がしたいと思ったからです。

●ご入居者様にリハビリをする上で一番大事にしていることは何ですか?
私が大事にしていることは、それぞれのご入居者様がどのようなお考えをお持ちなのかを理解することです。信頼関係を築き共に諦めかけてしまったような目標でも、その目標に向かって挑戦していけるようサポートしていければと考えています。

ネクサスコート北大前・理学療法士 長田 智樹
ネクサスコート北大前
理学療法士 長田 智樹

リハビリの様子

有料老人ホーム「ネクサスコート北大前」の専任の理学療法士(PT)によるリハビリテーションの様子を動画でご紹介します。

足関節のストレッチ
足関節や下腿三頭筋(かたいさんとうきん)の柔軟性を高め、歩行時のつまずきや転倒を予防します。

大腿四頭筋(だいたいしとうきん)の筋力トレーニング
立位や歩行の安定性を図るために足に重錘(じゅうすい)バンドを付け、運動負荷を与えて足を伸ばすことで大腿四頭筋(だいたいしとうきん)を鍛える筋力トレーニングです。

下腿三頭筋(かたいさんとうきん)と前脛骨筋(ぜんけいこつきん)の筋力トレーニング
立位の安定性を図るために立位にて踵上げとつま先上げを行い、下腿三頭筋(かたいさんとうきん)や前脛骨筋(ぜんけいこつきん)などの筋肉を鍛える筋力トレーニングです。

応用歩行トレーニング
歩行時の転倒を予防するため、横歩きや後ろ歩きなどの応用歩行を行い、歩行バランスの向上を図るトレーニングです。

立ち上がりトレーニング
体幹の前傾を促しながら、円滑な立ち上がり動作が行えるようにするトレーニングです。

歩行補助車を用いての歩行トレーニング
足腰が弱くなられた方に対し、安全に歩行ができるように歩行補助車の使用方法を確認しながら行うトレーニングです。