動画で見るリハビリの様子

動画で見るリハビリの様子

有料老人ホーム「ネクサスコート青葉台」では「専任の理学療法士」による
サポート体制を実現しています。

有料老人ホーム「ネクサスコート青葉台」では、専任の理学療法士が常勤し、
リハビリの必要な方には個別のリハビリテーションを行っています。
お一人おひとりに合わせたプログラムを作成し、身体能力の維持・回復をサポートいたします。

理学療法士とは
理学療法士は、PT(Physical Therapist)とも呼ばれます。
医師の指示を受け、運動療法や物理療法(温熱、電気等の物理的手段を治療目的に利用するもの)などを用いて、自立した日常生活が送れるよう支援する医学的リハビリテーションの専門職です。
有料老人ホーム「ネクサスコート」では、専任の理学療法士が治療や支援の内容について、ご入居者様お一人おひとりについて、医学的・社会的視点から身体能力や生活環境等を十分に評価し、それぞれの目標に向けて適切なプラグラムを作成し、実施いたします。

理学療法士の紹介

●理学療法士の仕事を始めたきっかけは何ですか?
小中高とサッカーをやっていて、その時に怪我をしてリハビリをすることなり、そこで理学療法士の先生にお世話になりました。
怪我の痛みがある中でもすごく励ましてもらい、親身になって治療していただいたことで自分も同じような境遇の人のお手伝いをしたいと思い、理学療法士になりました。

●ご入居者様にリハビリをする上で一番大事にしていることは何ですか?
コミュニケーションを大切にしています。
リハビリの時だけでなく、日頃の生活から積極的にご入居者様と関わりをもつようにしています。
併せて、リハビリは辛いものでなく、少しでもリハビリでご入居者様の生活が豊かになったと感じいただけるよう取り組んでおります。

ネクサスコート青葉台・理学療法士 宮平 貴之
ネクサスコート青葉台
理学療法士 宮平 貴之

リハビリの様子

有料老人ホーム「ネクサスコート青葉台」の専任の理学療法士(PT)によるリハビリテーションの様子を動画でご紹介します。

下腿三頭筋(かたいさんとうきん)のストレッチ
足関節や下腿三頭筋(かたいさんとうきん)の柔軟性を高め、歩行時のつまずきや転倒を予防します。

足趾筋(そくしきん)のストレッチ
足趾筋(そくしきん)の柔軟性を高め、歩行時のつまずきや転倒を予防します。

骨盤前後傾運動
体幹・骨盤周囲の柔軟性向上を目的に行います。立ち上がり動作や歩行動作を円滑に行うため骨盤の動きを意識していただきながら実施します。

背筋・殿筋(でんきん)の筋力訓練・ストレッチ
背臥位(はいがい)にておしり、背中を上げていただくよう促し、姿勢保持に必要な背筋、殿筋(でんきん)を鍛えます。またボールを足にのせ、体をひねることで骨盤周囲筋のストレッチを行います。

腸腰筋(ちょうようきん)の筋力訓練
足に重錘(じゅうすい)をつけ、腸腰筋(ちょうようきん)に運動負荷を与え、筋力強化を行います。立位での姿勢保持、歩行時の円滑な足の運びを助けます。

つぎ足訓練
転倒予防のためのバランス能力を高めます。体の支持基底面を狭くすることで、ご自身で重心移動・バランス感覚を学習します。

1本杖歩行訓練
下肢筋力が不十分な方が杖を利用して歩くための練習です。杖への体重移動を行い、バランスをとりながら歩く練習です。