専任の理学療法士

専任の理学療法士

専任の理学療法士が ご入居者様一人ひとりに対応。 個別リハビリで身体機能の維持を。


専任だから身体能力の変化がわかる
有料老人ホーム「ネクサスコート」では専任の理学療法士がご入居者様お一人おひとりの身体能力を見極めて、身体機能を維持、回復させるための個別プログラムを作成します。例えば「車いすを使わずに歩行器で歩きたい」という目標があれば、無理なく続けられるリハビリを提案。毎回、同じ理学療法士が担当するので、ご入居者様の維持、回復に向けたプログラム変更を臨機応変に行えます。

専任の理学療法士

イメージ写真

グループリハビリで介護度の進行予防
朝の体操や全身の身体機能維持に効果があるセラバンド体操など、専任の理学療法士が提案するレクリエーションで介護度進行予防を行います。特に、朝の体操はご入居者様や職員が参加する和気あいあいとした雰囲気で行われ、「これをしないと1日が始まらない」と喜ばれています。また、大手スポーツクラブから派遣される専門トレーナーが介護度進行予防の運動プログラムを提案。グループでリハビリにとり組むことで、ご入居者様同士の交流も生まれるので、楽しく積極的に運動でき、健康と身体機能維持に結びついています。

ネクサスコートでは、日常生活の中でご入居者様ができる範囲のことは、できるだけご自身で行っていただくことで、介護度の進行予防と身体能力維持につながると考えています。そのため、理学療法士はご入居者様の生活面にも目を配り、個別ケアを作成して身体機能の維持を図っていきます。

イメージ写真