24時間看護師常勤

いつでも看護師がいる安心感を。 ネクサスコート全施設では 24時間看護師が常勤しています。


24時間365日、看護師が見守ります
有料老人ホーム「ネクサスコート」全施設では、看護師と介護職員が24時間体制でご入居者様をケアします。インスリン投与や導尿などの対応はもちろん、深夜に突発的な発熱や体調不良が起きた場合は、看護師が協力医療機関へ連絡し、指示を仰ぎます。即時対応が可能な看護体制は、ご入居者様始めご家族の方に安心感をもたらしています。
健康状態に不安のあるご入居者様には、看護師にいつでも気軽に相談できて安心と喜ばれています。また、常勤する看護師が毎日、ご入居者様の健康管理を行うことで、体調のわずかな変化に気づき、重篤な状況を回避できる利点もあります。

24時間看護士常勤

イメージ写真

充実した医療サポート体制
看護師が毎日行う健康管理に加え、定期的に近隣の協力医療機関の内科及び歯科医師の訪問診療による健康相談や医療処置を行っています。処方された薬の説明や飲み方なども丁寧にお伝えします。訪問診療の際に看護師が医師とご入居者様の橋渡しを行ったり、健康管理データを参考にして異変が起きていないか、きめ細かに相談しています。
治療の必要がある場合や緊急時には、24時間対応の協力医療機関と連携を図り、速やかに対応しています。

イメージ写真

イメージ写真

24時間看護師常勤がもたらす、5つの安心

1.
看護師が24時間常勤していることで、ご入居者様とご家族様に大きな安心感があります。
2.
昼夜時間帯に関係なく、医師の指示のもと、インスリン投与や導尿、胃ろうの管理などの医療措置を行います。
3.
介護職員だけでなく、日勤、夜勤の看護師の情報共有が確実に行われるので、施設全体で予知予防力や観察力、日頃の細やかな健康管理の充実化が図れます。
4.
深夜や早朝などにご入居者様が体調を崩された場合、協力医療機関医師と連絡をとり、医師の指示のもとで看護師が対応します。万が一、救急搬送となっても、ご入居者様の病歴やバイタルデータ、内服データなどを正確かつ、迅速に救急隊員に伝えられます。
5.
介護職員がご入居者様の異変を看護師に即座に報告、相談できるので、介護職員は安心して介護に集中できます。その結果、ご入居者様に質の高いケアを提供できます。

ネクサスコートでは、介護度の高い方を優先的に受け入れております。

ネクサスコートでは、以下のような病状の方々も受け入れ可能な体制を整えております。医療面で受け入れ施設が見つからずお困りの方、ぜひご相談ください。

※病状によっては、対応できない場合もあります。予めご了承ください。

胃ろう・腸ろう 在宅酸素 脳血管性認知症 気管切開
中心静脈栄養 尿バルーン アルツハイマー型認知症 ペースメーカー
鼻腔経管 ストマ パーキンソン病(症候群) 褥瘡
たん吸引 インスリン投与 筋萎縮性側索硬化症(ALS) 透析
  • 症例別に見るネクサスコートでの暮らし
  • 80歳代 男性 要介護1
    ご本人の意欲や関心を促し認知症の方にも喜びを
  • 80歳代 男性 要介護5
    経管栄養の方の生活を医療面・精神面で支える
  • 80歳代 男性 要介護3
    在宅にはない設備とケアで片麻痺の方の自立を支援
  • ご夫婦での暮らし
  • 80代ご夫婦 二人部屋にご入居の暮らし
    入居後も変わらない二人の暮らしを営む